プロフィール

ウィンズスコア公式HP

ウィンズスコア公式twitter

今年の書き下ろし第1弾は

爽やかな初夏の風とともに、今年もバンドクリニックには、吹奏楽族の視線が熱気に溢れていたのではないかなぁ。

ウィンズスコアのブースには、
今年も僕のレポート『課題曲の中の課題・2010』を見つけることが出来たと思うよ。
課題曲をバッタバッタとアナリーゼしたレポートは、課題曲を通した音楽理論の勉強になるよ
いずれウィンズスコアのホームページで公開するんで、簡単にアクセス出来て手に入るから、心配すんなよ。

書き下ろし作品としては、去年は『秀吉』で、多くの皆さんに支持して頂き、嬉しくって歳を忘れて、ヨッシャ!また書きますわよ、なんて。
エエ加減にせんと、と云いながら、
今年は『華音櫻來(かのんおうらい)』を書き下ろすことになった。
御所の至近距離に住む、ホンマモンの都人(みやこびと)が、“京都”を書いたらドナニなるんや。そう、コナニなるんや。
それが『華音櫻來』。

アタマの雅楽サウンドで、すぐさま君を京の都にお連れ申そう。
第1主題で千年の時が流れ、第2主題で宮廷での宴は優雅に舞われ、御所の森に月光が降り……。夏が来る。町衆の季節が来る。祭りの音曲も激しくもあり、優雅でもある。

華音”とは、美しい自然の響きを指す。
櫻來”とは、櫻が咲く時、つまり季節が巡って来るという。
京を見た君は、愛に包まれるはずだ

一寸訪れた京都の印象、京みやげの店に一寸立ち寄った、といった曲はよく見受けるが
チガウンダ、この曲は“”そのものと思ってくれたまえ。

5月21日発売予定なんだ。
浄書家のK君とウィンズスコアのM君(櫛田黄門の助さん・格さん)が、この作品でも微に入り細に入り、チェックを入れ完成することが出来たんだ。
ここにも、ウィンズスコアのクオリティーを見ることが出来るんだよ

チョット、ヨイショし過ぎたかなぁ。いやいや、本当にそうなんだから。


コメント
櫛田先生の自信満々の新作、楽しみにしてます!(`Д´)ゞ ビシッ!
  • 2010/05/18 10:38 AM
こんにちは。
今年のコンクールで、「華音櫻來」を演奏させていただくことにしました。
今、練習中ですが、演奏にあたって、気をつけることやこういう練習をすると良いということなど、いろいろ教えてください。
よろしくお願いします。
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2012/06/01 7:05 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック