プロフィール

ウィンズスコア公式HP

ウィンズスコア公式twitter

バンドのチューニングはハーモニーで!!

チューニングは自己責任というお話を以前にしましたね。
では、バンドのチューニングはどうするんや
これが今日のお話です。

バンドのチューニングとは、バンドが如何に豊かなサウンドで演奏されているかどうか、ということなんだね。

まさか全員ユニゾン(unison; 異なるオクターブも含めて)で、12の音をチェックして行くなんてことはやらないわね。基準音のBbのピッチは、確認することはあるがね。
全員ユニゾンでスケールやあるフレーズを演奏することは、ウォーミング・アップにはなると思いますが。野球部がかけ声かけて、ランニングしている程度かな。

じゃあ本当のところ、バンドのチューニングは何をもってやるのか。
それはハーモニー
つまり、ハーモニー(和声・和声進行・コードプログレッション etc.)が正しく・美しく演奏出来ているか、をチェックして行くことなんだ。
要するに、ハモッてるぅー状態に持って行くんだね。

では、
現実的試行訓練法:課題曲一番人気の『汐風のマーチ』から。
この曲、高校の音楽の先生らしい、変なトリッキーな所もなく、教科書的、いや良く出来た試験問題かな。お話していていても、人柄の素直さ(失礼)がヒシヒシと……

横浜みなとみらい小ホール、ここの楽屋口から楽屋への道筋は、世界一ヤヤコしい
2人の男が、地下の通路でウロウロ。
僕「あのう、出口どこですか?」「いやぁ、私も探しているんです。
これが、田嶋先生との初めての出会い。(コンナことはどうでもエエか )

さて、
A・Bの部分のハーモニー(ベースラインとTrombone)を全員で作って行きます。
8分音符で書かれていますが、ベースラインと後打を重ねて2分音符に書き直し、テンポ4分音符=60位でやります。
Trombone以外のパートは、オクターブを違えても良いんで、オイシイ音域でイイよ。
この部分の和声(コード進行)はオーソドックスで良い勉強になるんだな。ハモリの練習とこの部分の和声感の体感の一石二鳥

旋律はまずまず歌っているけど、リズム感イマイチ、ハーモニー感ケツジョ、のマーチが多いんだなぁ。残念やけど

今日からバンドのチューニングをこんなとこから、やってみない。
各自、チューナーメトロノームを譜面台に用意してね

--------------------------------------------
【ウィンズスコア編集部より】
下のコメント欄(comments)にて、櫛田先生へのメッセージ・質問等を受け付けております。月に一度、まとめて先生にお返事していただきますので、疑問や悩みをぶつけて下さい!


コメント
前略。
私は数年前下松中学校で「斑鳩の空」を選曲したときにフルートのソロをオーボエで演奏することで連絡をさせてもらったものです。現在は山口県下松市久保中学校で吹奏楽の顧問をしているものです。今年コンクールにおいて「元禄」を選曲しております。もともとは高校総合文化祭において作曲されたものとバンドジャーナルで知りました。もし、音源、映像等がありましたら是非鑑賞したいと思っております。ご無理なコメントで申し訳ありませんが、是非原曲を鑑賞したくメールいたしました。よろしくお願いいたします。
  • 河本昌弘
  • 2010/06/16 12:48 PM
こんにちは。以前、北嵯峨でお世話になった者です。 早速ですが、私は音色が非常に悪いです...。
アンブシュアを変えてみたり、リードを変えてみたり(cl吹きです)、理想の音を想像しながら吹いてはみるのですが、中々良くなりません。
そこで、先生が知っている音色を良くするための練習法等ありませんか? 良ければ教えて下さい!
  • さき
  • 2010/06/21 8:27 PM
はじめまして!
早速なのですが,わたしの後輩は
同じAltosaxパートなのですが、
棒吹きしか出来ず、表現を覚えさせたいんです。
わたしは上手く説明できないのですが
どんな教え方がいいのでしょうか?

教えてくださいっ!

  • Altoさん.
  • 2010/07/14 6:56 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック