プロフィール

ウィンズスコア公式HP

ウィンズスコア公式twitter

「金賞」は「目標」であって、「目的」ではないんだ!

いよいよコンクール本番の開幕ですね。
「○○中学校、ゴールド金賞!」「キャァーー
ホール一杯熱気が飛び交って、僕も歳を忘れてしまいます。
「コンクールに出る、金賞を頂く。」を目標にして、色んなことに取り組んで来たんや。
その目標を一つ乗り越えた感動は、僕も一緒に頂き!みたいな思いになっちゃうな

ただ、ここでチョット冷静になってみようか

そうや、金賞だったからといって、2曲・12分の演奏で、そのバンドの音楽性の全てが、高く評価されたわけでもないし、ましてや人間性の高さを物語るものでもあらへんのと違う
逆に、「ダメ金」と冷やかされたり、「銅賞や、ドウショウモナイわ。」なんてガッカリすることないのんと違う
大事なことは、ここまでどのように取り組んで、どのような努力をして来たんやろか、と云うことなんや。このことについては、前回のブログを、もう一回読みなおして欲しいね。

要するに、コンクールの結果から、これからの課題が見えて来たら、ホンマにグッー結果だけに一喜一憂していたら、これから先を見間違うことだってあるぞ。

そもそもあなた方は、何のために音楽をやっているの
「好きやから。」「格好エエから。」「○○の演奏に感動したから。」
これらはすべて、音楽を始めた動機なんや。
さあ、それで始めた音楽やが、素晴らしい楽曲に出会って、皆でああでもない、こうでもないと演奏しながらやっている内に、おのれの感性が鍛えられ、磨かれて行くんやね。
そして、仲間と腕を組みながら、感性豊かな人間(ホゥッ!)に成長して行かはるんや。スゴイこっちゃ

もう解るやろ。

コンクールは、そして金賞は、そのプロセス(通って行く道中)の一つの目標なんや。
この目標を一つ一つクリアし、課題を見とどけ、やがて、感性豊かな立派な人間に成長して行くんだね。そして、人のため社会に役立つ人間になるんや。
ウァッー、話がデカイ

しかし、本当そう違う?
人は自分一人では絶対生きてゆけへんさかい。
いま、君の目の前のもの、身につけているもの、使っている道具、自分で作ったもの一つでもあるかっ
皆んな人様のオカゲで生きとるんや。
それやから、人のため社会のために、役立つ人間にならなあかんのや。
それを音楽を通してやっとるんや。音楽やる「目的」はここやったぁ!
野球部の皆んなは、野球を通して、サッカー部の皆んなは、サッカーを通して、やっとるんじゃ。

君たちの練習場に「目指せ!金賞!」なんて大きく書いてあるじゃろうが。
明日行って、それよりも大きな文字で、
「感性豊かな、人間に成ろう!」
「人のため、社会のためになる人間に!」
と書き加えようか

では、コンクール本番、バンドの皆んなが自ら感動し、その感動を聴衆の皆さんとも共有出来る、そんな感動的な演奏をどうぞ

--------------------------------------------
【ウィンズスコア編集部より】
下のコメント欄(comments)にて、櫛田先生へのメッセージ・質問等を受け付けております。後日まとめて、先生にお返事していただきますので、疑問や悩みをぶつけて下さい!


コメント
櫛田先生、こんにちは。

やはり、その通りですね。画面の前で何度も頷いてしまいました。

そういう意識を持った僕達がそれぞれ目標に向かって日々音楽作りに励み、他の人達に音楽を通して役に立ったり、恩返しができたりするといいですね^^
  • 2010/07/29 10:17 PM
櫛田先生、こんにちは。
コメントの返信、ありがとうございました!

吹奏楽をしている、またコンクールに臨まれる多くの人達に、「ダメ金」よりも先生の仰る言葉が染み渡る事を願ってやみません。
先ずは自分のいるバンドから!頑張ります!!

先生のブログ、これからも色々なお話しを楽しみにしています。
ありがとうございました!
  • 楽譜担当
  • 2010/07/30 1:47 PM
櫛田先生、はじめましてこんにちは^^
私は今日中学最後のコンクールが終わりました。
去年今年と櫛田さんの曲を自由曲でさせていただきました。
去年は「元禄」で今年は「火の伝説」を
しました。
ですが、去年今年と県大会にいけていません。
でも私は、この独特の櫛田ワールドが
とても好きになりました。
去年、今年の曲で吹奏楽が、本当に楽しい、悔しいと難しいと思えるようになりました。
ありがとうございました。
  • beach
  • 2010/08/01 8:14 PM
昨日櫛田さんの作曲した元禄で県体にいけました!

元禄はすごくおくふかくて吹くのは大変でした

私はクラリネットを吹いていておからの早いパッセージは難しすぎて大変でした

でもやっているうちに元禄をすごく好きになってがんばりました

先生も来年も櫛田さんの局でいこうと言うぐらい
櫛田さんの曲にはまりました
  • クラ
  • 2010/08/07 9:33 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック