プロフィール

ウィンズスコア公式HP

ウィンズスコア公式twitter

音楽の常識「歌うこと」2

2:終止形(和声法・コード進行法)〜その壱

 さあ、「歌う」ことの続きですよ。何せ、演奏者ちゅうたって、究極は楽器を持った「歌い手」なんやから。「歌う」ことは、まず適確なフレージングからや、ちゅうことは前回に書きました。そして、フレージングは、和声(コード進行)が示してくれるんや、も云いました。

 さてこれからの話。僕たちを取り巻く多くの「調性」の音楽(つまり、長調・短調の枠組みで出来ている音楽)を前提としたもんや、ということをアタマにね。いわゆる「現代音楽」ちゅう、課題曲垢澆燭い法∈邏兵圓旅佑┐人論でやって行くヤツは別にしといてね。

 楽曲は、和音(コード)がつながって、出来ていることは知っているね。これを和声(コード進行)と云うんだけど。ただ和声法と云うたときは、その和音の音の配置まで云うんやけどね。

 ちょっとそれは置いといて、話を続けようか。和音(コード)は、性格というか働き(機能)と云うたらええのか、そんなんを持っとるんです。その機能には、3種類あって、トニック・ドミナント・サブドミナントと呼んでます。仮に、T・D・Sとしとこ。

 Tは、トニックちゅう通り、「安定さす」というか、まあご主人さまや。
 Dはそれに従うというか、Tのスポークスマンというか、官房というか、Tの状態を忠実につたえるんや。D→Tと繋がって、そのフレーズの落としどころが決まるんや。音楽の一番の骨格なんだ!
 Sは、このD→Tに加わって、そのTの状態がどうなんかを、より形容詞的に、副詞的に、「ゆったりと」流れて行く、「真っ赤にぱぁっと」咲いている、「たまらんほどに」好きねんとか。それからまた、一寸した気分転換にも使うんや。帰りに、お茶しょうか、一杯やろか(これはあぶない!)Dになってしまいそうだ。

 このT・D・Sが上手く繋がって、音楽ドラマが進んで行くんだ。その繋がりの最小単位のことを、終止形(カデンツ・カデンツァ・ケーデンス……)と呼んでいるんだ。
T→D→Tとか、T→S→Tとか、T→S→D→Tとか、T→D→S→Tとかなるんやね。

 もうアタマの良い貴方は解ってきたね。そうフレージングはこの最小単位がガイドになるんや。

 ほんな、どの和音(コード)がTで、ドイツがDで、Sはどこに居んねん。こっからは、次回や。こんな音楽書どこにもないぞ。見逃すわけにはいかんやろ。ではまた。

--------------------------------------------
【ウィンズスコア編集部より】
下のコメント欄(comments)にて、櫛田先生へのメッセージ・質問等を受け付けております。後日まとめて、先生にお返事していただきますので、疑問や悩みをぶつけて下さい!


コメント
アウフタクトについて。大昔の吹奏楽おやじなのでちゃんとした訓練を受けていません。アウフタクトについて、意味、意義、実際の演奏の注意点等わかりやすくお願いします。
  • 軟式ブラス
  • 2010/10/24 12:17 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック