プロフィール

ウィンズスコア公式HP

ウィンズスコア公式twitter

4月の残りのお返事です

>ぶちょ、ホルニスト(hkb)さん
 音楽の力を語った、僕の想いをご理解頂き、大変嬉しいです。全てそうですが、前向きの姿勢が、生きる力を生み出し、活力となります。
『斑鳩の空』は、映像をイメージして作曲したものですから、演奏はぜひ何か斑鳩地方・法隆寺近辺の写真・動画を参考にして、演奏を作り上げてださい。実際に、法隆寺近辺を訪れてみることも、最も良いことですが。

>まりさん
 『東北地方の民謡によるコラージュ』のとりくみ、期待しております。民謡は、その土地の香りを持っています。永い時間の間に創り出された、人と自然の繋がりを持っています。世界の音楽が、その土地の民謡を土台に、創り出されていることでも、明らかです。ブラームス、チャイコフスキー、バルトークなどなど。地方を想い、自然を想い、演奏して下さい。

>北沢 凜さん
 和声のテキストですが、基本的には『和声−理論と実習(1)』(池内 友次郎 他著・音楽之友社)を読んで下さい。和音の各声部の配置が理解出来ます。実習の課題を、バンドのパートに置き換えて、演奏してみることも、一案かとも思いますが。

>市原 繭さん
 学生時代より櫛田先生の作品をこよなく愛し青春時代を過ごして頂き、大変嬉しいです。僕の『東北地方の民謡によるコラージュ』を想い起こして頂いたことも。また、オーケストラでの演奏のお考え、大変興味あります。私の作品はどちらかと云えば、オーケストラ的と云えます。オーケストラで作曲したものを、吹奏楽に編曲したように考える、欧米の方が大勢おられます。吹奏楽なのですが、ベースにオーケストラがあるようです。僕の吹奏楽には、やはりオーケストラ的な色彩感を求めているのでしょか。欧米で『飛鳥』もオーケストラで演奏されているようです。フルオーケストラの曲を書いてみては、というお話もあるのですが、僕はやはり吹奏楽が好きなのです。オーケストラのように色彩感のある吹奏楽を、作曲して行きます。『東北地方の民謡によるコラージュ』を管弦楽版にて演奏してみて下さい。編曲については、JASRACを通じて、僕の許可が必要です。また、管弦楽版への編曲譜のチェックは、作編曲のレッスンの一つとして受講して頂けては、と思いますが。

>えりかさん
 アンコンで、『イントロダクションアンドダンス No.2』を演奏して、地区大会グランプリ、県大会銀賞だったことを、良い思い出にして下さい。

>まゆこなさん
  Maracasで「風のように、」とあるのは、風の「さーぁっ」という音を出すのですが、粒の細かい、サラサラという感じのMaracasを、少なくとも2セット用意します。両手に1セット2個ずつ持って、細かく動かし頭上から腰の辺りまで、ゆっくりと振り下ろします。Maracasが数セットあれば、人数を増やし、演奏場所を離すと効果があります。

>まりりんさん
 『元禄』は、日本の自然の美しさと人の情・力を描いたものです。いま云われている「がんばれ日本」を、文化華やかな、元禄時代に託したものです。日本人が持つ、強さ・繋がり・情といったものを、いま一度見直すことも良いでしょう。冒頭のサックスのソロも、そういう意味で、人に話しかける・訴えかける情感が必要です。このソロ一つで、この曲の訴えが創られます。

>雪月花の演奏さん
 箏用の楽譜はありませんが、周りに直せる人はおられないのでしょうか。僕が箏譜を作っても良いのですが、ウィンズスコアさんとのビジネスとなりますので、少々お金がかかります。ウィンズスコアさんにご相談下さい。箏で演奏している音源は、聴いたことはありますがCDなどで残ってはいません。もし、あなたのバンドが演奏して、それが残せれば、初めてのもになり、注目されると思いますよ。

--------------------------------------------
【ウィンズスコア編集部より】
下のコメント欄(comments)にて、櫛田先生へのメッセージ・質問等を受け付けております。後日まとめて、先生にお返事していただきますので、疑問や悩みをぶつけて下さい!


コメント
お返事ありがとうございました。
今年のコンクールでは、「被災された方々に音楽を届ける」を目標に頑張りたいと思います。

素朴な疑問なんですが・・・
元禄のBとOの、曲の盛り上がりの違いをおしえてください。
  • まりりん
  • 2011/05/23 5:23 PM
櫛田先生、初めてメールいたします。
今年のコンクールで先生が作曲された「秀吉」を演奏することになりました。
しかし、少人数であることで先生が書かれた譜面通りにうまく演奏できない状態です。

この「秀吉」を演奏するにあたってのポイントなどがありましたら、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。
  • ある学校の顧問
  • 2011/06/08 10:45 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック