プロフィール

ウィンズスコア公式HP

ウィンズスコア公式twitter

課題曲の中の3つの課題・2013(その2)

(※編注:本記事は櫛田先生のFacebookページに掲載された内容を、加筆・修正したものです。)

II. 祝典行進曲「ライジング・サン」(白岩 優拓

 この曲は、形式・オーケストレーションともに、マーチの基本的なスタイルを持ちながら、なお新鮮な感覚のある、印象を与えてくれる行進曲です。逆に、その意味では普通にマーチというイメージから離れた、祝典曲と呼ぶ方が、良いかも知れません。


(1)通常の行進曲との違いを知って、個性ある曲想を創り上げよう

  
 冒頭、ファンファーレ(拍子感を超えた・なぜ rit. ?)があって、序奏(緊張感 !)があって、第1マーチと、すでに祝典曲の形を持っています。第1マーチですでに、旋律ラインの跳躍、代理コードを含めコード進行、対位旋律と、表現に多彩さと個性を要求される要素が、多く見られます。Trio の旋律ラインも、跳躍音程をうまく配置されて、フレーズの大きさが期待されます。ブリッジ Gへの半音転調の 想定外の動きが、新鮮さを感じます。


(2)自然な流れの中に、印象的な表現を上手く取り入れよう


 第1マーチの最初のフレーズ、G→Fの跳躍を含むレガート、この流れを印象的に表現しなければなりません。Trio の美しい旋律は、フレージングの取り方・表現の仕方で、楽曲の品格・品位が出来上がります。Score に記された、2+2+4 のフレージングを、設定しながらも、8小節の大きなフレーズが、創り出されるようにしましょう。自然に、大きく広がって行く、詩的なラインとでも云いましょうか。Picc. ・Xylo. の装飾も、dolce なんですね。ここでの dolce は、優しさ・柔らかさ・愛情の深さ、といった dolce です。


(3)パート・セクション間のバランスを、しっかりした意図を持って

 オーケストレーションが、多彩に組み合わされ、構成されたスコアになっています。第1マーチの繰り返し B にしても、加わったオクターブ上の旋律、対位旋律とのバランス、指揮者の創造センスが問われます。Trio の F の dolce の旋律・対位旋律に対する、Trb.の刻むリズムとハーモニーのニュアンス、I からのPicc.・Fl.・Glock.の微妙なバランス、Tamb.の音色などなど、細かくチェックすることが、一杯あります。

--------------------------------------------
【ウィンズスコア編集部より】
下のコメント欄(comments)にて、櫛田先生へのメッセージ・質問等を受け付けております。後日まとめて、先生にお返事していただきますので、疑問や悩みをぶつけて下さい!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック