プロフィール

ウィンズスコア公式HP

ウィンズスコア公式twitter

11月のお返事(菜歩さんへ)

 この季節、やはり私的には、年甲斐もなく忙しく、猫の手でも何でも借りたーい状態。オカゲで、ブログもはかどらず、お詫びオワビ!そやから、皆さんからのコメントも、1件で淋しい思い、枯葉の季節にふさわしいぜよ、なんて云ってられんが、この菜歩さんからの1件、私も含め音楽やる人間には、大いに考えさせられる課題があると思うんで、お返事として、私の考えを書いてみようか。

 まず、菜歩さんの音楽の始まりは、中1でアルト・サキソフォーンを手にしたときでした。これが菜歩さんのパートナーとなります。名前は「シエル」(フランス語で空という意味を籠めて)と呼びます。

 そう、まず人は何かを始めようとする。それは全て自己表現なんや。音楽やろうか、そう思ったとき、音楽による自己表現の始まりや。人に自分の存在を示したい。これは何も悪いことではない。それはいつも、他人に自分の愛を示したいからやんか。音楽そのものも愛に満ち溢れている、その愛の中で、自分の愛を表現したい、そんな自分は尊敬に値する。その中で、パートナーを得ることが出来た。パートナーとは喜びをともにするものだ。苦しいとき、自分のパートナーに苦しさを与えてはいかんよ。そして、パートナーとはたくさん喋ろう。ドウデモエエお喋りはあかんでぇ。自分が信じている・信じたいことを、ぶっつけて行くのんや。

 《後輩から「消えろ」と言われ、落ち込んで》いることもあるようだね。こんなとき、大切なことは、自分を信ずること、もっと云えば、自分を尊敬することだ。自分はたいした人間でないなんて、夢にも思ってはあかん。評価された実力・実績はまだないかも知れへん、これからこの道を開拓して行くんや、その覚悟の上で自分を信じるのんや。ついでに云うとくが、他人の評判なんか気にするのはアホや。もともと、人それぞれ評価の仕方が違うんやから、評判も色々あって当然。自分がエエように思われたい、と思っているから腹が立つんや。自分が望むような評価なぞ、ほとんどないのや。安心しなさい。

 《シエルや仲間(楽器や全て)と精一杯生きていきたい。》音楽をやる多くの仲間が周りに居てくれること、こんな幸せなことはない。作曲家は理想を楽曲に込める。仲間とともに、その楽曲に込められた、夢の世界に深く入り込んで、語り合う幸せを持とう。楽曲は、色々な方向から、立体的に美を作り上げている。仲間どうし違った方向から、話をしよう。もし、その楽曲に飽きたと思ったときは、仲間の成長が一時止まっていると思いなさい。

--------------------------------------------
【ウィンズスコア編集部より】
下のコメント欄(comments)にて、櫛田先生へのメッセージ・質問等を受け付けております。後日まとめて、先生にお返事していただきますので、疑問や悩みをぶつけて下さい!


10月のお返事です

>クラ吹きのミクちんさん
  リードミスに別れを告げること。僕はリードミスの原因はリードにあり、と思っとる。薄く削られているリードの厚さにムラがあるんじゃ。何ミクロンの問題や れど。極めて細かいサウンド・ペーパーかガラスの破片でもって、リードを丹念に調節する。つまり自分に合うように削って行くのんや。自分に合った宝物のよ うなリードをものにする、市販のヤツをそのまま使わないことやね。もう一つ、自分に合わすということでは、あの金属製のリガチャーもデリカシーに欠けるね。リガチャーを止めて、細く編んだひもをでグルグルッと巻いて見なさい。音も良くなるんやない?

>さちさん
  『万葉』は、日本人の心の原点みたいなもの、つまり日本人の持つ心、特に自然に対する情感、人に対する思いやりの心情を描こうとしたものです。現在、かつて日本人が持っていた、この美しい心が急速になくなって行きつつあるときに、作曲家としてのメッセージを発したかったのです。この曲は、世界中のサックス奏者が歓迎してくれました。日本人の心を知ってくれました。音による外交です。映像はいらへんのです。

>土橋 誠さん
  40年前の話ですね。今とは反対に、生徒さんがガンガン増えてって、仮校舎で授業をやっていましたね。そのころは学校も学校らしく、教師も生徒さんも、皆 んなそれらしく、変ぇーんなことも起こらへんし、楽しくやってましたなぁ。僕もそんな日常の中で、教師やりながら作曲の勉強ができたんです。エエ時代やったんやな。懐っかしぃー。

>波多野佑さん
  数学科だったのですが、教育大学だったので、音楽科も併設されていて、音楽を受講することが可能だったのです。そこで、お会いした先生と仲良くなってしもうて。楽譜とLP(そのころはCDがありませんでした)を渡されて、「よく読んで聴いとけぇ」と。次に、「旋律書いてみぃ」です。そして、「和声つけてみてみぃ」。こんな順で、書いて行くと、その中から課題を示されて、作曲法が何となく教えられて、という具合でした。映画音楽の高橋 半先生を紹介して頂いて、 後は先生の作品を読ませて頂いたり、オーケストレーションやっといてね、とか、お話を聞かせて頂いたり、で。おっしゃるように「とりあえず書かないとだめなんですが。」その通りです。

>北沢さん
 吹奏楽の編成の中で、もっとも邦楽に近い楽器が、フルート・ピッコロ、それに打楽器だと思います。和の心を直接に訴えるとなると、やはりここへ来るんでしょうね。他の楽器ではどうしても、外国の方が日本を語っているように思えてしまうんです。

>軟式ブラスさん
 「軟式」なんて面白い。そう云えば僕は中学校の先生やったとき、女子軟式テニス(当時はそう呼んだ。今はソフト・テニスちゅうんやね)の顧問やって、近畿大会まで行ったことありますねん。
 さてと、本題は「アウフタクト」のことですね。「アウフタクト」ちゅうのんは、ドイツ語で、アップビートのことでして、日本語では「弱起」と訳されているが、これがまた実に悪い訳で(音楽用語には、この実に悪い訳が多く、そのため多くの誤解を生んでしまっとるのやが、このことについては、また日をあらためて、ということにして)、ようするに、4拍子やったら1・2・3・4の2・4拍を云うのんやけど、裏拍と呼ばれている「1ト2ト」の「ト」に当たる拍もそう呼ぶこともあるんで。とくに心してかからんとあかんのは、フレーズが「アウフタクト」から始まるヤツ(西洋音楽には実に多いんや、ナンデカナ?宿題)の入り方や。弱起いうてこの言葉にだまされて、弱く入ったらあかんのやで。ここは一番、フレーズのアタマなんやから、しっかり入ることが大切なんです。こんなことでエエかな。

>颯太さん
 「ソウタ」さんと読むんかな。良い名前だ。颯爽としたイメージが浮かんで、なかなか良い男なんじゃろう。
 和音の話に興味を持って頂き有り難う。西洋音楽の核は和声にありで、世界中の音楽で、和音を理論的に組織立てている(つまり和声法・コード進行法など)音楽は西洋音楽しかないんじゃ。だから、作曲法とか編曲法のテキストを開いても、内容のほとんどが和声法・コード進行法についやされているのよ。ここに興味を持った君はエライ!

--------------------------------------------
【ウィンズスコア編集部より】
下のコメント欄(comments)にて、櫛田先生へのメッセージ・質問等を受け付けております。後日まとめて、先生にお返事していただきますので、疑問や悩みをぶつけて下さい!


9月のお返事です

>オダマキさん
弦がないのでどこか物足りない…。そして、深みが足りない…ということ。
ですが、これはオーケストラを基準に、オーケストラと比較して、ということなんで、他の多くのジャンルにこの感覚を当てはめるわけには行かないんじゃないかな。
吹奏楽には、管楽アンサンブルとしての付き合いが必要だと思うよ。
オリジナルのオーケストレーションから完全に離れて、自由にアレンジしたほうが新しい曲の魅力が引き出されると思うのですが…。
その通りです。僕もそのやり方で、モーツァルトの40番、ブラームスの4番、バルトークのルーマニア民族舞曲、バッハの管弦楽組曲2番などやりました。
勿論、演奏バンドが違うし、そのアレンジメントはそのバンド用のものですので、一般的と云えませんが。

>W.O.Tさん
もの凄い暑さに押されっぱなしの夏だったけど、君には人生の一つの夏だったね。
ひとつの音楽を作り上げることの素晴らしさであったり、なにかひとつのものに熱中できたという経験はかけがえのないものになるんだなということを思っています。きっと、そんなことを考えられるようになっただけ成長できたのでしょう。
10代でこんな経験が得られたこと、スゴイじゃん。絶対、これからの人生に生きてくるぞ !
いわば、そのために音楽やらスポーツやら社会活動をやってるんや。そんな何かを次の時代にも求めようね。

>梁さん
去年全国大会で演奏された川越奏和、佐藤正人氏のラフマ、『交響的舞曲』、演奏が上手いのもありますが、まるで本物のオーケストラサウンドのように感じました。
その通りです。ブログでも書きましたが、秋山先生もおっしゃった通り、アレンジ次第なんです。それにしても、安直なトランスが多すぎるのです。
トランスにも深い要素はやはりあるのだろうかと感じました。
みたいな編曲がどんどん出てきて欲しいですね。
今からもう一度振り返ると、吹奏楽にぐっと足を付けた、宮本先生のアレンジ・サウンド作りは、その対称的な位置での存在として、見るべきものがありましたね。

>いしいさん
Foojin-雷神』は、多くの表現要素をぶち込んだ、大入り・顔見せ興行作品になったんだな。何せ「響宴」という催しの委嘱作品だったんでね。
そこでだ、タイトルのことなんだけど、前半がヘビメタ風・ジャズワルツという、洋風に料理したんで、アルファベットを使ったんだ。大した意味チャウね。ガッカリしんといてね。
後半は、日本の祭り囃子やさかい、漢字やんか。オソマツさま。
「ヲトシ」とは、拍にとらわれずに、だんだん早く打って行くヤツです。「刻み」とも云うんよ。邦楽の世界の言葉です。
『飛鳥』以来のファンです。
有り難いことです。『飛鳥』は、初演以来40年以上なりました。

--------------------------------------------
【ウィンズスコア編集部より】
下のコメント欄(comments)にて、櫛田先生へのメッセージ・質問等を受け付けております。後日まとめて、先生にお返事していただきますので、疑問や悩みをぶつけて下さい!


8月のコメントのお返事です

>夏美 さん
雲のコラージュ』は、スコアに空欄を作っておいて「演奏者が、自分たちで自由に考えて完成させる」という前代未聞の課題曲として、話題沸騰した曲です
そのオカゲで、名演がイッパーイ
来年の春までにスコアを完成させて、なお書き足して6分30秒にしたリニューアル版が出る予定です。
さて、コンクール終わってみれば、確かに祭りのあとの寂しさがチョッピリですね
そやけど夏美さんの音楽人生はどんな形であれ、死ぬまで続くんやから、それが一番幸せ!

>渡邉実来 さん
県大会で金賞を頂けたこと、1つの目標を到達することが出来て、本当に良かったと思います。
その到達へのプロセスの中で、何が良かったのかもう一度皆さんで考えて、これからの活動のポイントにすると良いね
結果だけにとらわれず反省する、ここんとこが大切なとこや。
コンクールだけやのうて、色んな活動に生かさなあかんし、もっと云うたら、練習に取り組んだ色々のことが日常に生きてきて、金賞の輝きが増すというもんや
「目的を見失わないようにしたいです。」そのトオーリ

>クラ さん
元禄』は、コンクールでの演奏だけでも1000回を超えています。シドニーでも、ウィーンでも、ニューヨーク、香港、上海、マレーシァ、シンガポールでも……
世界中の皆さんに喜んで頂けて、ホンマに幸せです。作曲家でヨカッタァー
クラリネットの16分音符の連続、ごめんねいじめるつもりはぜんぜんないんよ。
そやけど好きになってくれて、有り難う。来年もまたやってね。島根県の大田三中で有名になった『雪・月・花』を今年中に再出版したいと思っているのでね。

>まひろ さん
きゅっと優しく包めた気がします。」このフレーズ、モノスゴク気に入ったなぁ。
まひろって、音楽に優しいんだ
音楽って、かるくカルク楽しくやるもんよ。
「Music」を「音楽」って訳したヤツ、たいしたヤツや。フォルテを「強い」、ピアノを「弱い」なんて、ショーモナイ訳語が多い中でね
今は受験勉強か。まあ、これも人生の一つの目標なんで、結果を求めて努力するんやけど、結果を求めるあまり、手段や方法に落ち入らないようにね。
学問には必ず「何故」という意味があるんやさかい。

>梁 さん
「編曲」は「編曲作品」というように、一つの創作に至っていなくては成らないと思います。オーケストラ作品のスコアの、単なるトランスクリプションでは、どうしょうもありません。ラヴェルの「展覧会の絵」を引き合いに出すまでもなく、原曲からの創造が結晶されていなくてはなりません。
僕は、オーケストラやジャズのフルバンドやロック・フュージョン・バンドをやりたいのでなくて、「吹奏楽」がやりたいんです。「吹奏楽」に編曲して欲しいというのが、ただ一つの願いです。

--------------------------------------------
【ウィンズスコア編集部より】
下のコメント欄(comments)にて、櫛田先生へのメッセージ・質問等を受け付けております。後日まとめて、先生にお返事していただきますので、疑問や悩みをぶつけて下さい!


7月のお返事です

>ひかり さん
打楽器のアンサンブルは、平均的に5名編成が標準と考えて下さい。
昔から5人囃子と云うやんか(?)
『流氷』(冬にはピッタシ)『華音』どちらも5人編成やけど、4人でなんとかやれないこともないなぁ。

>吹奏楽大好き さん
「音楽は自分たちで作り上げていくのだと気が付きました。」ということで、
アァー良かった
あの君の『秀吉』の詳細にわたる質問は、もう文章では書けへんことやんか。
僕と顔を付き合わせて、こんなことやと話せんと、しょうがないなぁ。チャンスがあればなぁ。

>サンドペーパー さん
まず君が、どこまで音楽を知ってるか、から始まるんで。
1.楽曲の調性が解るか(転調も含めて)。
2.構成が図に書けるか。
3.リズム形式によるジャンル分けが出来るか。
4.コード進行が分析出来るか。
この1〜4までの理解度を自分で判別してみてねそれからや。

>ある さん
長浜北中やったかいな。藤井先生やったかな。
もし違っていたらゴメン夏の盛り、図書館やったかな、思い出しております。

>イッシー さん
左手から離して、右手だけで手首を使って、左右にすばやくひねりながら、ザーッという音を作るんです。ほとんどマラカスと同じや

>渡邉実来 さん
新潟県大会でも、自分たちの『元禄』が聴衆の皆さんの心を打つんやで。
新潟いうたら、僕のファンも多いしね

>楽譜担当 さん
「ダメ金」の話、前のブログで解って頂けたと思うけど、何で音楽をやっているんや、ということが解れば、こんな言葉も出てけえへんのに。
解ってへん人が多いんやなぁ、と思っているんや
残念やけど、ヤッパリ、音楽をやる目的・いわばポリシーが、まだまだ貧弱なんと違う?

>Alto さん
どんな曲でも良いですから、一緒に歌ってあげて下さい
習慣的に続けるのが、良いよ。

>わたなべ さん
OKです

>Take. Nagano さん
この辺りのことは、P.F.ドラッカー氏の『マネジメント』で、再確認をしてね

>涙 さん
八百屋お七ですかぁ。この発想スゴイわ。
こうなると「銅賞」もシャレにはならんけど「銅は"金と同じ"と書くんや。」と云いたくなるね。
僕の発想は、前々回のブログの通り、決まったストーリー性はないんで、むしろ君のような発想を促しているんです

>ちぃ さん
この曲は、以前から北海道で大変良く耳にするんやけど、何か北海道のイメージに合うのんやろか

>芝岡 愛貴 さん
僕の意向に添った演奏……は、有り難いような、いやそれよりか、
もっと自分たちの音楽を……、といった思いです
もう一度、前々回のブログを読んで下さい。
君の質問は、全てもう創造の世界のことです。
僕の発想より、他のバンドがどうのといったことより、君たちの創造(どんなサウンドをイメージしてるの?)の方が、断じて大切です。
指導者は、感性を育てる意思を強く持って下さい。
こういったイメージを持っているのだけど、何かアドバイスは?といったことであれば、とは思いますが。

>梁 さんへ
演奏活動は創造活動である。理解して頂きオーキニです。
マネの多いコンクールなんかにならないようにしたいね。
昔は、この曲アイツとかがやるんやったら、オレンとこはやらへんぞ
といった気概のあった時代があったんやけどなぁ。

>beach さん
さあ、これからが君の始まりだよ。中学生で始めの一歩を踏み出したね
中学で全国大会に出て、もう燃え尽き症候群に成ってしまった、多くの哀れな中学生を見て来た僕なんか、これからやというのに、そんなことが心配で心配で。
こうして君に、これからのことを話かけることが出来る、こっちの方がヨッポド嬉しいんだ
音楽という絆で多くの人と結ばれ、感性豊かな人に育って行って欲しいね。
人生はながーいんや



2度目のお返事

>河本昌弘さん
1991年のことでして、音も映像も残っていないんです
大体こんなこと、つまりイヴェントのオープニング曲が「元禄」になって、こんなに多くの方々に演奏されるなんて、当時だぁーれも思わんかったんです。
世の中ってそんなもんですわ
ただ、この曲の作曲過程で、大小色んな編成で、色んなカットで、演奏可能なように考えて作曲してありますから、それがこのヒットの原因の一つになったかもね。

>長野雄行さん
課題曲の作曲家の方から、直接コメントを頂くなんて、まったく恐縮いたしております。
なにせこの作品は、書きっぷりが良いですね。ゴチャゴチャ云ってないので、スキッと爽やか。梅雨のジメジメ、ムシ熱さも吹っ飛ぶぞ !
久しぶりに、リー・モーガンの「ザ・サイドワインダー」を引っ張り出して……。
僕、75歳やぞ。いつか、どっかで会うんやろね。ではまた

>W.O.Tさん
8分の3・8分の3・8分の2・8分の2 のとこやな。このリズムは間違うても5拍子に取ったらあかんぜ
「タタタ・タタタ・タタ・タタ」
と混合拍子(変拍子いうてもエエけど)を意識して。
大声で、
「君が・君が・好き・好き、僕も・僕も・好き・好き」
を繰り返しワメク。
そして、楽器でやる。そのとき、ヒジョーに大切なこと、ンタタのように「ン」を脳みそに呼び込まないことじゃ。休符を「ン」という、悪いクセじゃ、日本人の
休符というのは「休み」やのうて。音がないだけなんじゃよ。「ン」いうて、休んでしまうので、次が遅れるんじゃ。
テンポを落とすなんちゅうことをやるんじゃ。
練習は(特にこの曲のように、リズムがイメージを創ってゆく曲は)、全てインテンポで練習するのん。勿論、立奏でね

>さきさん
美しい音色は、個人的には色々なイメージがあると思いますが、一般的に云って、雑音のない透明感のある音と思います。
まず、楽器です。音色の良さは、楽器の材質・仕上がりの緻密度が圧倒的に影響すると思います。つまり簡単に云えば、良い楽器を持つ、ということになります
リードの問題も大きいです。市販のリードにカッター・紙ヤスリなんかで、色々手を加えてみます
奏法では、立って肩の力を最大限抜いて、息の分量とスピードを変えて、音色を変えます。アンブッシュアのチェックは、専門家に受けて下さい

>カントリーさまへ
1983年、京都会館第1ホールではなかったかなと思いますが。当時は、音や映像を収録することが、普通ではなかったのです。プログラムすら残っていないんで、申し訳ございません

--------------------------------------------
【ウィンズスコア編集部より】
下のコメント 欄(comments)にて、櫛田先生へのメッセージ・質問等を受け付けております。後日まとめて、先生にお返事していただきますので、疑問や悩みをぶつけて下さい!


初めてのお返事

ブログへのコメントやらご質問、オオキニです。
月一で、月始めにまとめて前月のコメントにお返事書こうかな、と思っております。

>元ホルニストさん、梁さん
音楽理論・表現法などと僕の日常を書いていきます。
まあ、僕の吹奏楽エッセーですわ。ヨロシク

>瑞さん
飛鳥の最後、Horn来ますね。聴衆の皆さんも審査の先生方も、固唾を飲んで聴いてマッセー!ここが勝負ドコや。ガンバッテ

>dropsさん
一休さん。あの頓知の……という、軽いノリやのうて、波瀾万丈の生涯を書きましたんや。
シンフォニックな響きとソロ、ジャズっぽい切れ込みと、アピール度は極めて高いと感じておりますねん。

>梁さん
不協和音みたいで、という仲間さん、
そう不協和音って言葉、僕も使ってしまうんだが、どうも否定的なニュアンスになっちゃうんんだな
僕は、その手のコードには、緊張感・インパクトの強い・鋭いとかいったニュアンスを持っているんで、もう不協和音は死語にしても良いと思ってるの。
ただ、この曲には、僕の感覚から云うたら、時たま現れるトーン・クラスター的な響きだけで、そんなに不協和に感じないんやけどね。
どこまでが協和なんか、どこからが不協和なんか、は概念があるんやなくて、その人の感覚やから仕方ないね。
僕としては、長3度・短3度で出来とる、仲良しフワフワのコードにシガミツイテいる人間にこそ、やって欲しいんやんか。

>黒さん
2曲とも出版されていませんので、僕の手書き(ムチャクチャ綺麗です)スコアのコピーをお譲りすることは可能です。名称未設定-1.pngまでご連絡下さい。

<< | 2/2PAGES |